" />
So-net無料ブログ作成
-->

女医が教えるダイエットがうまくいかない11の原因 [健康]






睡眠時間が不十分
実は約三割の人の睡眠時間が6時間未満です。今これを読んでいるあなたはこの方たちの中に入っていませんか?もし入っているのでしたら、私からのアドバイスは睡眠時間を増やすということです。非常に単純な話です。7万人に対して16年間実施した調査がありました。一日当たりの睡眠時間が5時間を下回る人の場合、7時間睡眠の人よりも13kg弱体重が増える傾向にありました。医師や専門家らは一日当たり7~8時間の睡眠を薦めています。


腹部肥満である
もし腹部の方がおしりや太ももよりも脂肪がつきやすい場合、体型は腹部肥満の部類に分けられます。ここで言いたいことは、腹部肥満というのは遺伝み基づいている場合が多く、お腹の脂肪を落とすのは困難だと言うことです。しかし、不可能ということではありません。


では、続きはまた次回に!!



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

女医が教えるダイエットがうまくいかない11の原因 [健康]






不適切な運動を行っている
私もモデルやダンスのインストラクターになるために試行錯誤した時期がありました。
例えば、みなさんはやせるために、腹筋運動などのような部分的な運動のみをしていませんか。これでは割れた腹筋は手に入りません。私がお勧めしたいのはコアマッスルを鍛える運動です。つまり、腹筋、背筋、骨盤周りの筋肉、腹斜筋などを含む筋肉を鍛えるということです。より多くの筋肉を鍛えることで、より多くのカロリーを燃やすことができます。しかも、コアマッスルを鍛えている時、腕、肩、足、おしりなどの筋肉も刺激されるので、相乗効果が期待できます。


ストレスを感じている
現代人はストレスまみれです。仕事で多くの納期があったり、家族の生活費や光熱費の支払い、子供の世話。。。
ストレスの原因は何であれ、あまりにも多く抱えているとダイエット効果は上がりにくいです。ストレスでコッテリした食品やハイカロリーな食品を手にすることよりも、ストレスホルモンであるコレチゾールは脂肪の量を増やしたり、脂肪細胞を増やしたりします。コレチゾールが大量に分泌されると内臓脂肪も増えていくのです。


では、続きはまた次回に!!




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康