" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
-->

女医が教えるダイエットがうまくいかない11の原因 [健康]







病気になっている可能性がある
女性でテストステロンのレベルが高い場合、多嚢胞性卵巣症候群の可能性があります。もしそうなると、ダイエットは厳しいです。もし腹部肥満で体重が増えてきているなら、医師に相談するのをお勧めします。糖尿病前症の状態、すでに糖尿病にかかっている可能性も否定できません。


実はやる気が出ていない
お腹を引き締めたいと一生懸命になっていますか?お腹周りの脂肪を落とすためには、適切な食事と正しい運動(体重を落とすためのトレーニングと心臓血管を健康にするトレーニング)を組み合わせて取り組む必要があります。食事はローカロリーにして、例えば食物繊維が多く炭水化物や糖分が少ないような食事を選んでください。継続は力なりです。遺伝的な原因で肥満体質になりやすくても、適切な食生活と正しい運動を続けていけば、必ず憧れのボディに近づいていきます。





女医が教えるダイエットがうまくいかない11の原因 [健康]






睡眠時間が不十分
実は約三割の人の睡眠時間が6時間未満です。今これを読んでいるあなたはこの方たちの中に入っていませんか?もし入っているのでしたら、私からのアドバイスは睡眠時間を増やすということです。非常に単純な話です。7万人に対して16年間実施した調査がありました。一日当たりの睡眠時間が5時間を下回る人の場合、7時間睡眠の人よりも13kg弱体重が増える傾向にありました。医師や専門家らは一日当たり7~8時間の睡眠を薦めています。


腹部肥満である
もし腹部の方がおしりや太ももよりも脂肪がつきやすい場合、体型は腹部肥満の部類に分けられます。ここで言いたいことは、腹部肥満というのは遺伝み基づいている場合が多く、お腹の脂肪を落とすのは困難だと言うことです。しかし、不可能ということではありません。


では、続きはまた次回に!!