" />
So-net無料ブログ作成
-->

エリート学者が教える運を引き寄せる「4つの法則」 [幸福]






これまでご紹介した方法をここでまとめたいと思います。

・とにかくチャンスを増やす:常に新しいことにチャレンジしましょう
・直感を信じる:特に経験がある分野では直感を信じてみましょう
・幸運を祈ってみる:楽観的になりましょう。自分は幸運だと多少思い込むことも効果的です。
・禍を転じて福と為す:うまくいかなくてもくよくよしないようにしましょう。長い目で物事を見てください。

読者の方はまだうたがっているのかもしれません。自分を幸運だと思い込むことがどうしてもしっくりこないのでしょうか。でも、とにかく試してみてください。必ず効果が現れます。信じ込むことは人間関係にもよい影響を及ぼします。
ポジティブに考える人は恋愛でも満足が得られ、お互いの信頼感も向上します。信じ込むことで人生をより楽しいものに変えてくれます。

信じ込むことで緊張がほぐれます。研究調査を通して、このようなプラシーボ効果は人生に楽しみを見出す能力と相関があることがわかりました。多少のプラシーボ効果を生活に取り入れて見ましょう。逆にあまりにもまじめに考えすぎると、人生辛くなるだけです。

研究では数多くの調査が行われました。研究者らによれば、被験者が運に恵まれているかどうかは簡単にわかると言っています。運の良い人は愛想がよく楽観的で陽気な人が多いです。思っていることは伝染します。運の良い人と一緒にいると自分もなんだかいい気分になりませんか?そして、物事をポジティブに捉える習慣がついていきます。不運に見舞わされた人と一緒にいると、自分も過去ばかりを気にしがちになります。おかげで不運に遭遇しがちになります。

こころのポケットにはいつも幸運の種を入れておきましょう。運がよいと信じ込むことは人生をよりよいものにしてくれます。これは科学的にも証明されています。

もし今までの記事が気に入りましたら、ご友人などにもシェアしてくれたら嬉しいです。



nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

エリート学者が教える運を引き寄せる「4つの法則」 [幸福]







禍を転じて福と為す

運の良い人は常に幸運に恵まれていますが、逆境に対応するやり方が運に恵まれていない人とは異なるようです。
・運の良い人は禍のポジティブな面を見ようとする。
・運の良い人はどんな不幸も長い目で見れば、福に転じると信じています。
・運の良い人は不運にくよくよしません。
・運の良い人は建設的な行動を取って、悪運が今後来るのを防ごうとします。

失望した時はどうしていますか?
諦めますか?憂鬱になりますか?それとも、部屋の中に自分を閉じ込めますか?このような行動を取っていると改善を到底望めません。

ここで以下のアドバイスをしたいと思います。
物事がうまくいかなくなってきたら、諦めるか続けるかの二択に迫られると思います。
運の良い人は辛抱強いです。かつて私の知人でこのような方がいました。彼は割りと運に恵まれてきた人でした。ところが、ある日階段で転んで骨折しました。私は運が悪かったですねと言いましたが、彼は入院先で出会った看護師と恋に落ちてとても素晴らしい機会を得られたと言っていました。しかも、二人はその後結婚しました。彼はあの出来事を人生からの最高の贈り物だと言っていました。現状や目先では悪運に見えても、長い目で見れば、とんでもない幸運だったりすることは少なくありません。だから辛抱強い姿勢が大切なのです。運に恵まれた人はこのように生きている人達なのです。

雲間の中でひたすら明るい兆しのことを考えましょう。それから、良いことが起きたら悪いことが来るなどといった消極的な態度も控えましょう。

では、続きはまた次回に!




nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康