" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
-->

健康を害する「10の習慣」 [健康]






キャプチャ.PNG





そわそわした習慣は自分よりも周りをイライラさせてしまいます。さらに、せせこましい仕草などは自分に本当に深刻な影響を与えてしまいます。ここでは、専門家らが、爪を噛む仕草や髪先をクルクル巻く仕草などの一見当たり障りのない癖がなぜ健康を害するのかについての説明したのを簡単にまとめてみました。


爪を噛む習慣
ニューヨークに勤めている皮膚科医から頂いた意見です。ホラー映画を見ている時におそろおそろと爪を噛むことはあるでしょう。ところが、これが日常習慣として定着してしまうと、爪とその周りの皮膚にダメージを与えてしまいます。口の中の細菌が爪に乗り移り、またその逆もあるのです。爪の細菌が口の中に乗り移ると、歯茎や喉の感染症を引き起こしてしまいます。そこで、お勧めしたいのが、爪に色付けやマニキュアをすることです。このようにすることで爪を噛む習慣がなくなる方向へ向かうのです。どう思いますか。ぜひトライしてみてください。


髪をクルクル丸める仕草
髪を指で一束摘まんで捻じったりひねくったりすることは毛根を傷つけてしまいます。これも皮膚科医からのコメントです。このような仕草により、局所の抜け毛や感染症につながるのです。無意識に髪をクルクル巻く仕草は抜毛癖と呼ばれる精神的な衝動症状の兆候である可能性もあります。
の治療には心理療法と投薬が必要です。


首をポキポキさせる癖
頭を無理にある方向に捻ることは脊椎の関節の中に溜まった気体を抜くことができ、ポキというような音を発生させてしまいます。整形外科の医師によれば、繰り返し首を鳴らすことを心地よいと感じるかもしれませんが、付近の筋骨が脆弱になり、怪我しやすくなってしまいます。さらに、関節の過度な動作は関節炎を引き起こす可能性があります。また首のひび割れなどは脳卒中を引き起こす可能性があります。


顔を触る癖
皮膚科医によれば、繰り返し顔や吹き出しものに手を触れたりすることは皮膚の表面を傷つけてしまいます。もし出血しているなら、頻繁に触ったりすると跡が残りやすくなります。吹き出しものや痒い箇所を触ったりするのは控えてください。軟膏、クリームなどで優しくケアをしてあげてください。そして十分な水分も与えてください。


歯をギシギシさせる癖
ストレスを受けた時、歯をかみ合わせてギシギシさせることは口腔の健康状態を害してしまいます。歯をギシギシさせると、歯がひび割れたり欠けたりしがちです。これらの治療も面倒いです。顎の関節にもダメージを与えてしまいます。ストレスを受けた時、歯を噛み合せてギシギシさせることはよくあります。ところが、その中の多くの場合は噛み合せの異常、歯が抜けたこと、そして悪い習慣などの病因で起こるのです。治療には噛み合せの異常を改善するための歯列矯正や筋肉へのボトックスの注入があります。ボトックスは噛む力を緩和させるため、ダメージが減るのです。


硬いアメを舐める癖
質の硬いアメを舐めることは歯を糖の中に浸すのと同じことです。虫歯が出来やすくなります。バクテリアは糖を餌としますから、虫歯になるための完璧な環境が整ってしまうのです。硬いアメを噛み砕く癖も歯を傷つけたり回復を遅らせてしまうのです。アメがシュガーレスで弱酸性であれば、時々それを舐めるのは特に問題ありません。


唇を舐めたり噛んだりする癖
皮膚科医によれば、頻繁に唇を舐めることは唇を消化用の酵素に浸すのと同じことです。これらの酵素は皮膚炎などを引き起こしてしまいます。唇が乾燥したり裂けたりします。皮膚科医は以下のことを言っています。ストレスが溜まっている時、唇を噛む習慣が付いてしまうと、皮膚を酷く傷つけることになり、場合によっては手術が必要となるかもしれません。ストレス対策には専門家らが推奨している健康を害さない方法で解消してください。


頬の裏を噛む習慣
爪を噛むのと同様、頬を噛むことも深刻な影響を及ぼす習慣です。同じ場所を噛み続けるとそこは膨れてより噛みやすくなってしまいます。例えそこが回復したとしても、身についたこの習慣により噛み続けることになるのです。時間が経過すると慢性の炎症を引き起こしたり、出血しやすくなったり、傷跡が残ってしまったりするのです。


ガムを噛む習慣
ガムを噛む時に出る音やパンと弾ける音などは同僚を煩わせるだけに留まりません。さらに顎の筋肉を過度に動かすことで顎関節症にもなり得ます。シュガーレスガムは別種の問題を引き起こします。例えば、消化不良に関する病気などです。ソルビトールという人工の甘味料がシュガーレスガムなどに含まれることが多いのですが、これを過剰摂取すると下痢を引き起こしてしまいます。ガムを噛んでいる時に、過度の空気を飲み込むと胃にガスがどんどん溜まる危険があります。悪い習慣をただやめるのは難しいですが、別の習慣でそれを代替するとうまくいくことが多いです。例えば、ガムを噛む代わりに水を飲むといった健康的な習慣を身につけるなどです。


ペンや鉛筆の先をかじったりする習慣
ペン先には細菌が潜んでいる可能性が高いです。専門家によれば、ペン先を噛んだりする習慣は風邪ウィルスを含む病原菌の感染を招いてしまうのだそうです。感染した人は指にウィルスが付着していることが多いです。そして、ペンやパソコンのキーボードに細菌の付着範囲を広げてしまいます。また、ペンから出たインクなどで口まわりを汚して恥ずかしい思いをするのはさて置き、ペンを噛んだりするのは口腔の柔らかい組織や歯茎を傷つけるのみならず、歯にダメージを与えることもあるのです。


さて、健康を害する習慣について記事を書いてみました。次回は別のテーマで記事を書きたいと思います。







タグ:健康

もっと賢くなれる「10個の方法」 これなら毎日できる! [就職・転職]






maxresdefault.jpg

みなさんは賢さや知性は若い頃からすでに決まっていて、変えられないと思っていませんか。ところが研究によれば、この思い込みは間違っているのです。問題への取り組み方は私たちの脳に大きく影響するのです。そして、取り組み方によっては知性を大きく変えることも可能なのです。

学校に戻るか書棚や電子ブックリーダーを分厚い本で埋め尽くして勉強することで賢くなることはできます。しかし、実は賢くなるのに莫大な時間と労力を費やす必要はないのです。

自己研鑽に熱心な人がどこかのスレによく質問するのをよく見かけます。毎日少しずつ賢くなるためにはどうしたらよいですかなどです。これに対して自分の考えがある人、技術者、企業家など多くの読者らは実に効果的な手法を紹介してくれます。では、このブログではその中から10個を精選してお伝えしたいと思います。どれがご自身の生活に適用できるのでしょうか。


インターネットしている時間を賢く使う
休憩にインターネットをするのはソーシャルネットワークやかわいい動物の写真を閲覧するだけとは限りません。Webには優れた学習のリソースに満ち溢れています。例えば、オンライン講座、面白そうな技術者たちの講演、そして語彙力を鍛えるためのツールなどです。最近スケートボードをすイヌが流行っているようですが、このような動画や写真を閲覧するのを見て癒されるのもいいですが、もっと教養を増やせるようなページや、コメントが多いページなどを見ることをお勧めします。


学んだことを書いてみる
毎日数分間かけて、今日は何を学んだかを書いてみることです。そんなに長くはかかりません。必ず知力を刺激して、さらにモチベーションを高めることもできます。毎日500字以上、その日に習得したことを書いてみると効果的です。これは研究者らが勧めている方法です。


やったことリストを作る
実は、知性の大部分は自信と幸福感から成り立っています。ですから、まだ未完成の仕事をリストアップするより完成した仕事をリストアップした方がこの両者を強めることができるのです。このやったことリストも専門家らが推薦している方法です。


ボードゲームを取り出す
ボードゲームやパズルはただ楽しいだけではなく脳を鍛えることもできるのです。スクラブル、ブリッジ、将棋、囲碁、バトルシップ、五目並べなどです。さらにレベルを上げていきますと、ボードを見ずに遊んでみることです。スマートフォンなどでボードゲームをするのなら、ヒントは使わないようにしましょう。

スクラブル◆盤上にアルファベットの駒を並べ、単語を作って得点を競うゲーム。アメリカとカナダではHasbro社、それ以外ではMattel社が商標権を持っている。


賢い友人を持つ
自尊心を傷つけるかもしれませんが、自分よりも賢い人とつながりを持つことは学ぶのにもっとも速い方法なのです。ぜひこれを頭の隅に置いておくと良いと思います。あなたのIQはもっとも親しい五人の友人の平均です。

自分の周りを自分より賢い人にしてみてください。例えば、自分の周りを優れたエンジニアで囲まれてみることです。自分はせいぜい平均レベルの人間だと素直に受け入れられるはずです。そして、より多くのことを学ばなければならないことに気付かされるのです。いつも謙虚に学ぶことに意欲的になれます。


読書量を増やす
読書を積み重ねば、賢くなると思うのは自然なことです。次に考えるのは今より賢くなるためにはどんな本を読むべきかです。これについては様々な意見があります。毎日新聞を読む習慣をつける。様々な小説やノンフィクションを読む。重要なのは、とにかく大量に読むことです。


他人に説明をしてみる
もし考えていることや学んだことを他の人に上手く説明できないなら、十分に理解できていない証拠です。これはあのアインシュタインが残した言葉です。ぜひ他の人に説明して習得したと思うことが本当に習得できているかどうか、また本当に記憶に刻まれているのかを確認してみてください。

どんな小さい知識でも必ず友人に上手く説明できるまで止めないでください。新しいことを学ぶのは簡単ですが、その情報を脳にキープして他人に説明するのはもっと価値があります。


ランダムに選んだ新しいことに挑戦する
スティーブ ジョブスは若いころ書体の授業を聴講したことがあります。大学を中退した後、この将来アップルの創始者になる青年は時間を持て余し、流れ着いた先が書体のクラスの聴講生だったのです。当時としては珍しかったのですが、そこで学んだデザイン技術は初代のマッキントッシュに取り入れられました。ここで言いたいことは、今後自分にとって役に立つものはわからないということです。何か新しいことを学んだ後、これが今後の自分の人生とどのように繋がるのかを待って観察する必要があります。

今後を遠くから眺めながら点と点を結ぶことはできません。これができるのは過去を振り返る時のみです。だから、点と点はいつか必ず今後の自分と繋がっていくことを信じてください。点と点を繋げるためには、絶えず新しいことを学ぶ意欲を保持することです。例えそれらがすぐに役に立ったなかったり、生産的に見えなかったりしたとしても。


語学の習得に努める
選んだ言語はマスターするために、詰め込み勉強で無理にすぐに話せるようにしたり、あるいは外国に足を運んだりする必要はありません。仕事の合間でも構いません。少しずつ時間を見つけて勉強を継続し、少しずつ習得していってください。ネット上には語学習得のための無料のサイトがたくさんあります。是非新しい言語の習得にトライしてみてください。


気晴らしの時間を設ける
学んだことを整理するための時間を設けて下さい。その時間に、チャットなどはせずに、考えごとをしてみてください。例えば、ジョギングをする時に考えごとをするなどです。