" />
So-net無料ブログ作成
-->
- | 2014年05月 |2014年06月 ブログトップ

サラリーマンの今後を変える「18の掟」 [就職・転職]






職場の不文律というのは把握しておくべきだと思います。しかし、多くの不文律というのは別に秘密として扱われているわけではありません。ただ、周りが新人にそれらを詳しく説明する義務がないため、多くの不文律というのはいわゆる「目に見えないルール」、または、「暗黙の了解」になっているのです。いずれにせよ、それらを教えてくれる人がいないからといって、自分から探って把握しないわけにはいきません。今後、更なるキャリアアップを望んでいるのなら、このような「暗黙の了解」を把握することは欠かせないと思います。


友人から食事をご馳走されるのを当然だと思ってはいけません
同僚との日頃の交際には、贈答やもてなしも大切です。


自分に目標を課す
例えば、一年後の目標、二年後の目標、五年後の目標というように自分に課していくことです。世の中は平等ではありません。生まれた境遇が他人より悪くても、たゆまぬ努力によって七割程度の運命は変えることができます。捨て鉢な態度を取ったり、自暴自棄になるようでは、気力が欠けてしまいます。


現実社会では恋愛感情に頼って生きていていくことはできません
英語圏でよく聞く言い回しですが、「貧困が扉から入ってきたら、愛は窓から逃げていく。」というのをよく耳にします。映画やドラマのストーリーに浸るのは控えた方がよいかもしれません。あれは私たちに恋愛等のさまざまな感情を叫ばせてくれる場所を提供しているだけなのです。


友人の中で親友と呼べる人を一人作る
例えば、自分には友人がたくさんいたとしても、顔が広いと思ってはいけません。本音を言ってくれるのは、そのたった一人の親友なのです。


星座占い等に浸るのを控える
星座占いや血液型占い等は人を慰めたり、おだてたりするものです。運命と言うのは自分の手の中にあります。家や車など財産というのは何もせずに向こうからやってくるわけではありません。


苦手な人とはコンタクトを減らしても大丈夫
職場にはいろいろな人間がいます。自分が苦手だなと思う人がいるかもしれません。そのような人とはコンタクトを減らしても問題ありません。ただ、人の陰口を言うのは禁物です。他人の是々非々を議論していると、もうその世界から出て来れません。「災いは口より出でて身を破る。」というのを肝に銘じる必要があります。同僚の間で噂など流すのは禁物です。


ゲームのし過ぎにも注意
最近はパソコンゲームのみならず、スマートフォンのゲームアプリが充実してきていて、無料でもかなり出来の良いゲームが続々登場しています。しかし、ゲームにいくら時間を費やしても、家屋、車、そして配偶者はやってこないのです。


英語の習得
英語は生きていく上で必要ないと言う人たちは、定年退職を控えている方かもしれませんし、すでにTOEIC 700点以上を取得していて、更に上のスコアを目指している人たちかもしれません。迎合するために言ってくれているのかもしれません。英語の資格は取らなくても、常に上達するのを心がけておくことは大切です。いつ仕事で使う時が来るのかわかりません。万全に備えておくのです。


自分は何を望んでいるのかを知っておきましょう
深夜の静かな時に、自分に問いかけてみましょう。今後のキャリアや今後の人生について考えるのです。そして、決めたその方向に向かって歩んでいきましょう。


流行の雑誌をめくって見ましょう
書店には、ファッション関係、趣味関連の雑誌等々たくさんあります。時にはそういった雑誌をめくってみるのもよいことです。ファッションのセンスを磨くのもそうですし、流行の単語やグッズを押さえて、同僚との会話のネタにするのもよいでしょう。


目覚めには一杯の水を
目覚めた直後に水を一杯飲むのは胆石症を防ぐのに有効です。逆に、就寝の一時間前は水を飲まないようにしましょう。目のたるみにつながりやすいのです。


暇な時間は読書に使いましょう
時間ができたら、有名な文学作品を読んだり、経営、国際事情、法律等々に関する書籍を読むようにしましょう。例えば、かばんには常に本を一冊入れておいて、電車に乗っている時等に開いて読む等も効果的です。常日頃からこのように心がけることで、会社の何かの集まりやパーティなどで話題に困る状況がなくなります。


お金の使い道
働き始めた頃、大抵の場合貯金は少ないでしょう。誰々がどのブランド物を着ていたりすることをあまり気にかけないようにしましょう。彼女さんとかがPRADA、LANCOME、LVに強い憧れがあるかもしれませんが、考えすぎる必要もないです。女性は生まれもって美への憧れがあります。彼女さんは、あなたが高価なプレゼントを買ってくれることに喜びを見出しているのです。それで自分を大切に思っていることを確認しているのです。一方、実は女性はそうではない日常生活もエンジョイしています。今の生活が経済的に苦しいなら、十分な経済能力を備えてから、彼女さんを美しく着飾ってあげるのも遅くありません。


成功するまでは黙っておきましょう
何かを成し遂げたいと思っても、それを人に伝える必要はありません。成し遂げる前に言うのはタブーだという社内文化もあります。厳密に計画を立て、実行し、成功するまでは黙っておきましょう。


身だしなみを整えましょう
特に、髪型、ツメ、ヒゲなどの身だしなみに気を配りましょう。例えば、髪型で言いますと、見栄えよりも清潔感を重視する必要があります。


男性の健康面での注意
食事を適当に済ませるのは控えましょう。トマト、シーフード、ニラ、バナナ等は男性にとっての健康食品です。健康面で気を配ることはかなり有効です。体調崩して病院でお世話になる代わりに、その節約したお金で彼女さんにDiorでも買ってあげましょう。


人に頼りすぎないようにしましょう
何事も誰かに頼ろうとするのは控えましょう。人間は誰もが多かれ少なかれ自己本位です。ですので、一番頼りになるのは他人ではなく自分自身です。


失敗でくよくよしないようにしましょう
「孟子」の中にこのような一節があります。「神様が、ある人物に重要な任務を与えようとする時は、必ずその人の心を苦しめ、肉体を疲労させ、生活を困窮させ、やる事なす事すべてが空回りするような苦境に陥れるものである。」これは、自分が困難に面した時、それは神様から与えられた試練であると考えなさいというメッセージです。失敗しても、くよくよしないことです。自責の念を持って、失敗の原因を探して、悪い習慣があるとすればそれを直しましょう。


以上、職場における不文律「暗黙の了解」を18条列挙してきました。全部の項目を実行できる自信がなくても、なるべくこの18箇条に従ってみましょう。1項目も達成できないよりははるかによいです。きっとあなたはキャリアアップを望んでいるはずです。新入社員でないなら、「暗黙の了解」は押さえておきましょう。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

読みやすい名前は信頼を勝ち取ることができる [ニュース]






あるアンケートの結果から、専門家らはこのような結論を出しました。「お互いをまだ知らない人ばかりですが、名前が読みやすい人はまわりから信頼を勝ち取りやすい。」

アメリカののカリフォルニア大学のある研究チームが下記の実験を実施しました。中東、アジア、ヨーロッパなど世界各地で使われている氏名を一つのグループにまとめます。そして、このようなグループを複数容易しました。各グループには読みにくい名前と、読みやすい名前を入れました。さまざまな状況を作り、被験者らがグループの中で誰をもっとも信頼できる人として選ぶのかを見てみました。

この結果わかったのは、被験者らは名前の読みやすい人(見知らぬ他人)の話を信じる傾向にあるということです。また、名前の読みやすい人たちは親切で、頼りがいがあり、安心できるという印象を与える傾向にあります。研究チームのメンバーは、人間が情報を受け取る時に、無意識に得た情報を分かりやすいものと分かりにくいものとに分けていると述べています。例えば、「食物添加物」は読みやすいがために安全であると思われがちです。読みにくい名前のものは危ないと言う感覚を与えてしまいます。ですから、子供の名前には凝った名前をつけるよりも読みやすい名前をつけた方が良いのかもしれません。



タグ:就職 転職
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

職場における人間関係の心理学 [就職・転職]






最近、「人間関係の心理学」という用語をよく聞くのですが、これの意味は何でしょうか。恐らく多くの方はその真意を解さないでいるのではないのでしょうか。実は、「人間関係の心理学」を理解するのは難しくありません。日常生活の中で「人間関係の心理学」はあらゆるところに存在しています。さまざまな人間関係に対応するための手法というのはいたるところに存在しているのです。

すぐに使える役立つコミュニケーションのコツを掴んで、円滑な人間関係を手に入れることは事業の成功に欠かせない重要な要素の一つです。職場の中で確固たる地位を築くためには、これから述べる能力を努力して獲得していく必要があると思います。これを通して「人間関係の心理学」はいかに重要であるのかを実感できると思います。


シーソーの法則
「人を助けることを自分の喜びとする」というようなフレーズを耳にすることがあります。人とのコミュニケーションや触れ合いというのは、シーソーとよく似ています。シーソーで遊んでいる時、片方がいつまでも高い位置にあり、もう片側がいつまでも低い位置にあるということはありません。両側が高低を繰り返すのです。実はこの過程が楽しいのです。自分は損したくない、他人に譲歩もしたくない人は、例え利益を得たとしても、喜びが少ないと思います。なぜなら、自己中心な人間は、シーソーが片方を常に上にしている状態で静止しているように、例え優位な状況にいたとしても、人との関わりからは喜びを見出せません。自分にとっても相手にとっても残念な結末になるのです。「シーソーの法則」というのは、同僚とのコミュニケーションにおいて、重要なことなのです。


ハリネズミの法則
これに関しては、次に述べるお話で説明したいと思います。二匹のハリネズミが疲れて眠たそうにしていました。寒さが厳しく、二匹は寄り添おうとしましたが、お互いのトゲが当たって安眠できません。そこで、二匹はお互いに距離を取りました。しかし、やはり寒さが身にしみたせいか、また寄り添い始めました。これを幾度と繰り返した結果、二匹はお互いにとって適切な距離を見つけました。この距離では、お互いの体温を感じることができますが、自分のトゲが相手に当たることはありません。

「ハリネズミの法則」というのは、人間関係におけるお互いの心理的な距離を説明することができます。この法則は私たちに次のことを教えてくれます。人と親睦を深めるのは大切です。しかし、人と親密であることと、お互いに距離がないこととは違います。「ハリネズミの法則」を活用して、同僚とは遠すぎず近すぎず、適切な距離を保つことを再確認してみるのも面白いかもしれません。きっとさまざまな人間関係に役立つと思います。


プラチナの法則
この法則は、アメリカでもっとも影響力のある演説者の一人で、ラジオ番組のビジネス講座の原稿作成者でもあるトニー・アレクサンドラ(Tony Alessandra)博士が提唱しました。また、彼は「The Platinum Rule」(邦文タイトルはわかりませんが、直訳して「プラチナの法則」です。)も著しています。この本の中の一番重要なフレーズはおそらく「他人からそのように接して欲しいなら、他人にそのように接しなさい」。この本の中に述べられている処世術を身に付けることで、職場の人間関係の中でプラスの作用を引き起こすことができます。さらに、これが波及して、職場以外のさまざまな人間関係をもよりよくしていくことができます。


第一印象が及ぼす効果:
社会心理学の研究成果から次のことが証明されています。初対面での印象は頭に強く残ります。人間は他人の第一印象でその人を評価する傾向があります。そして、その人とのその後の交流等で、相手の行動や言動をもとに、第一印象は正しいかどうかを検証するということを無意識にするのです。このような現象のことを「第一印象が及ぼす効果」と呼びます。実際のコミュニケーションで、相手に良い第一印象を残すことは、今後の仕事が順調に運ぶことと、仕事がより良い方向へ展開することに大きな影響を及ぼします。初めの印象がよくないと、その後に十倍の努力をしたとしても、相手の脳裏に残ったマイナスな印象を完全に取り去ることは難しいかもしれません。ですので、職場では、初対面の際は予め慎重に準備して、相手に良い第一印象を残せるように努めることは非常に大切です。

さて、職場で良き人間関係を保つにはどのようなことを気にかける必要があるかについて話してきました。「人間関係の心理学」は心理学の分野におけるさまざまな観点から人間関係を解釈している上、他の方面にも関係しているのです。自分の周りで良き人間関係を築くことができなければ、事業で成功することはできません。人間関係の心理学は私たちの成功にとって欠かせないものなのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ルール [就職・転職]






「ルール」というのは、集団に属する人々が共有し、遵守する制度または規則のことです。秩序のある生活、円滑な人間関係を手に入れるためには行動の基準が必要です。このような「制度」、「規則」、「基準」というのが私たちの日常生活の「ルール」です。


以下のようなおとぎ話があります。

ある日、六匹のサルが「森の運動会」に参加するために川を渡ろうとしていました。岸辺で待っていた漕ぎ手のラッコが言いました。「この舟は小型で、ルールでは最大三人までしか乗れないんです。あなた方は二回に分けて渡ることになります。」

このルールに従って、三匹のサルが舟に乗りました。

四匹目のサルは、ラッコの言うことを気にかける様子もなく、「四匹も三匹もほとんど変わらないでしょう。こんなルールは杓子定規だ。」と言って舟に飛び乗りました。「だめですよ。そんなことしたら、重量オーバーで舟が沈みます。」とラッコは手を左右に振りながら言いました。すると、五匹目のサルが大笑いして言いました。「そんなことあり得ないよ。舟が沈むなんて見たことありません。」と言って舟に飛び乗りました。岸辺にいた六匹目のサルがこれを見て、「みんなルール破ったね。岸辺でずっと待ってらんないや。」と呟きながら舟に飛び乗りました。

もともと三匹限定の舟に六匹乗ってしまいました。さて、結果はどうなるでしょうか。しばらくもしないうちに舟は沈んでしまいました。舟に乗っていたサル達はみんな舟と一緒に沈んでしまいました。

このおとぎ話が伝えたい教訓は、ルールというのは筋が通っているからルールになっているわけです。それを遵守しなければ、人を害し、自分も害してしまう。自分の属する集団に危害を与えることにもなりかねません。

日常生活では、ルールはあらゆるところにあります。大きな規模から言いますと国家の間、規模を縮めますと個人同士、その間にはさまざまなルールがあります。例えば、図書館では借覧のルール、車の運転の際には交通ルール、スポーツ競技では競技ルール、ゲームではゲームのルールがあります。個人の衣食住、学校、公共の場に存在する文章化されたルールとそうでない暗黙のルールは、私達の生活のあらゆるところで時々刻々と影響を及ぼしています。ルールがなければ、円滑な人間関係は実現できません。どんなことをするにも、筋の通ったルールを作り、それを理解し、遵守して物事を処理しなければなりません。

タグ:就職 転職
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職面接の前に知っておきたいこと [就職・転職]






みなさんはご存知でしょうか。就職面接の時、面接官達は面接を受けに来たあなたについてすでに議論をしている場合が多いのです。わが社に相応しい人物であるかどうか。わが社ではどれくらいの期間働いてくれるだろうか。など予め議論しています。

私は今まで多くの方から職場に関する悩みや不満を聞いてきました。自分の会社とは相性が合わない。同僚と関係がうまくいかない。上司が神経質である。などなどです。

しかし、彼らが離職することはありません。もしかしたら、他社は環境が厳しいかもしれないし、現職よりも待遇の良い仕事が見つからないかもしれません。おそらく、職場に関する悩みの原因の多くは、自分の望む環境に移るべきなのか、辛くても頑張って耐えていくのかというジレンマに陥っていることではないのでしょうか。

これは国にもよりますが、中華圏の一部の大企業では、強い政治と言いますか宗教的なものを感じさせる洗脳術というものがあります。ハードセルな手法、統一された作業服、壁に掲げているスローガン、着メロまでもが会社の広告。外資系であれば、手法はもっと婉曲で、独自の社内雰囲気があるのですが。

これは誇張ではないのですが、社員の気質までもが似通っていたりします。社内で使用しているネームタグをつけていなくても、同じ集団から来ているんだなと感じるときがあります。新人は心を入れ替えなければこのような集団の中に入ることが出来ません。繰り返しになりますが、就職面接の時、面接官達は面接を受けに来た受けに来た人についてすでに議論をしている場合が多いです。わが社に相応しい人物であるかどうか。わが社ではどれくらいの期間働いてくれるだろうか。など予め議論しています。このような会社に適応するのは難しいです。

例えば、転職で希望に合った会社が見つかる可能性は低いから、内定をもらった会社に厳しいルールが多くても、勇気を振り絞って足を踏み入れる人がいます。また、なんとかなるだろう、心を入れ替える必要はいらないと考えて入社する人がいます。しかし、一旦足を踏み入れると、厳しさを知ります。価値観の違う人たちとどのようにして同じ方向に向かって進めばよいのでしょうか。やはり、予め覚悟が必要だと思います。



タグ:就職 転職
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

欧米での就職 【就職活動中・転職希望の方向け】‏ [就職・転職]






国際舞台で活躍したいという願望で海外に飛び出す日本人は年々増えていると思います。 そこで、欧米での就職について少し書きたいと思います。

海外で就職するためには就労ビザが必要です。 自社からの海外派遣等はビザには困らないので、ここでは海外の企業へ個人が直接アプライする場合について話します。

例えば、アメリカの就労ビザの取得は非常に厳しいです。 アメリカの就労ビザを取得するには専門の弁護士を雇う必要があり、最終合計費用は日本円にして60~70万円以上します。 ちょっと信じがたいですね。 雇用主がこの金額を支払う上、時間のかかる手続きなどを弁護士とやりとりをして進めるわけですから、非常に優秀であると認められない限り雇ってくれません。 アメリカの就労ビザ申請は毎年4月から開始します。 年間1万数千人の外国籍の労働者にしか発行しません。 発行数には明確な上限があり、その上限に達すると受付はその時点で終了します。 一方、例えば留学ビザで滞在した後就労ビザに更新する場合は、手続きははるかに簡単になり、取得する可能性も大幅に上がります。 弁護士を雇う必要もなく、申請費用も圧倒的に少ないです。

この他に、カナダの場合ですと、アメリカよりは就労ビザ取得の難易度は下がりますが世界的に見るとまだまだ厳しいです。 雇用主が本国ビザを所持していない外国籍労働者を雇う場合、政府に書類を提出する必要があります。 その書類の中で、なぜ本国民ではなくこの外国籍の人間を雇うのかを文章で説明する必要があります。

EU諸国、例えばイギリスの場合ですと、EU圏内に居住していない限り就労ビザを取得できる可能性は非常に低いです。

世界で一番就労ビザが取得しやすい国は実はマレーシアなんです。

いろいろ書きましたが、転職などで海外で働きたい方はまずその国でなんらかのビザを取得した後に就労ビザに切り替えるという手法を取った方が楽です。 ビザがない状態で日本から直接アプライしていくのは極めて困難です。(自社から海外派遣は別です。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

- |2014年05月 |2014年06月 ブログトップ