ホルモンバランス ダイエット 女性ホルモン body 心臓 http 新陳代謝 更年期 体重 脂肪" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
-->

女医が教えるダイエットがうまくいかない11の原因 [健康]







心臓病、糖尿病、インスリン耐性、ガンなどの原因は、睡眠障害や遺伝以外に、お腹の脂肪である場合が少なくありません。

腹の膨らみをなんとか撃退させるのは、単に虚栄心を満たすよりも大切なことなのです。お腹周りの脂肪、特に内臓を包み込んでいる内臓脂肪なんですが、実はこれが心臓病、糖尿病、インスリン耐性、ガンを引き起こすリスクを高めています。もし食事に気を使っても、頑張って運動に取り組んでもお腹もお肉が減らないようなら、ホルモンバランスや遺伝が原因なのかもしれません。これはこれでしかたないのですが、通常は適切な食生活と正しい運動でなんとかなるものです。そこで、お腹まわりの脂肪を落とすために頭に入れておいた方がよい事項を11個精選しましたので、ご紹介したいと思います。



年齢が原因
年を取るにつれて、体重が増えたり減ったりするリズムが変化します。男女とも年齢が上がると、新陳代謝率が低下します。さらに、女性の場合は更年期への対策を考える必要があります。医師によれば、女性で更年期に体重が増えた場合、大抵はお腹周りの脂肪の増加が関与しているそうです。更年期では、女性ホルモン物質やプロゲステロン(女性ホルモンの一つ)の分泌が減少します。そして同時に、テストステロン(男性の性ホルモンの代表的なもの)も低下し始めますが、低下率はかなり緩やかです。このホルモンバランスの変動が、女性のお腹周りの脂肪の増加を促します。しかし、心配はなさらないでください。対策法はすでにありますので、引き続き記事を読んでください。



nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 23

コメント 2

U3

読ませて頂きます。
by U3 (2015-10-21 13:33) 

マーライオン

U3 さん  ありがとうございます!
by マーライオン (2015-10-21 18:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。